• ホーム
  • 性病の感染症予防方法と検査の大切さ

性病の感染症予防方法と検査の大切さ

性病は性行為によって感染が拡大する感染症であり、感染を防ぐ予防を行っていくことが重要です。
以前は性を生業とする業界においてだけ蔓延するものとして認識されていましたが、現代社会においてはその業界から拡散が起こっており、誰もが性病に感染してしまうリスクを抱えています。
感染症予防方法として基本となるのは感染経路を知ることです。
性病の場合には接触感染が基本的なものですが、血液感染を起こすものもあります。
どういった経路で感染するのかを理解して、その経路を遮断するというのが感染症予防方法として最良で最短のアプローチになります。

性器同士の接触でのみ感染するのであればコンドームの着用が有効でしょう。
性器から口、口から性器といった観戦の場合にも同様にしてコンドームが有効です。
しかし、コンドームによって覆えない部分を介して感染が広がるものの場合にはこういった予防方法はあまり有効ではない場合もあります。
その場合にも感染症予防方法としてよく知られるワクチン接種による予防は効果を示すことがよくあります。

こういった予防を行っていても感染してしまうリスクが有る場合には検査を行うのがよく、性病の場合には人に知られてたくない人も多いため、郵送による検査が行われています。
一方、人に知られたくない病気の検査としてがんがあります。
便潜血検査による大腸がんの検査は自宅でも検体が取れる簡便な検査の一つです。
便潜血というと便に血が混ざることから視認できそうに思えるでしょう。
しかし、実際には目で見えない程度の血液が混ざっているということがよくあり、その程度の便潜血であっても大腸がんは疑わなければなりません。
こういった検査を積極的に受けることで重篤化を防いでいくことができるでしょう。

関連記事